SAKURA PROJECT TEAM

Background

2015年のネパール大地震の応援団体として、学生がRebuild Nepalを創立しました。

チームの目的は復興支援することでした。震災直後チームメンバーが震災地に行った際に、気づいたことがありました。

日本では震災の時、避難所になる体育館等の施設がありますが、ネパールではどこもそのような施設がありませんでした。

そこで、我々は災害時に避難所となる体育館をネパールの国立学校で建設始めました。

日本とネパールの友好関係を表すため、その体育館の名前をSAKURA HALL (体育館)にしました。現在は、主に2つのプロジェクトを実行しています。

1. SAKURA HALL (Gymnasium) construction project

2.Education Camp

桜体育館建設

ネパールでは避難所や避難訓練等の防災認識がないため,学生や地域の人に防災意識を持ってもらうことが重要です。

また、地方村では山の中であるため安全に運動できる場所やアクティビティを行う施設がありません。

避難所の機能を備えた体育館を建設することにより、安全に運動ができ、地震で落ち込んでいる人たちを元気づけることができると考え、体育館建設をリサンク村へ提案しました。

募金活動で得た支援金を建設費用に当てるとともに、体育館建設の設計・施工方法についてネパールの技術者と相談しながら建設を進めています。

リサンク村教育キャンプ

教育キャンププロジェクトの目的は、学生に世界で行われている実際の仕事を知り、体験することで将来の仕事のイメージを広く持って貰うことです。

質の高い教育を目指して、リサンク村のブドダヤ高等中学校の桜ホールで教育キャンプを行っています。

2015

2019

支援

Sakura Hall建設のために、皆さんのご支援をお願いいたします。詳細はお気軽にお問い合わせください。

Facebook: http://m.me/sakuralisankhu

チーム

ネパール人と日本人が力を合せて、お互いに地震を経験した中で、人々の生活の再建にいろいろな角度から知恵を出し合っています。

パートナー

様々なパートナーに支えられて、
この活動を続けられています。